“火の鳥NIPPON”に中山優馬らエール。フジ「女子バレー」会見、いざ出陣! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月22日 > “火の鳥NIPPON”に中山優馬らエール。フジ「女子バレー」会見、いざ出陣!
メニュー

“火の鳥NIPPON”に中山優馬らエール。フジ「女子バレー」会見、いざ出陣!

2009年7月22日 11:45

火の鳥NIPPONの活躍に期待

火の鳥NIPPONの活躍に期待
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フジテレビ系で7月31日から放送される「女子バレーボール ワールドグランプリ2009」の発表会見が21日、都内で行われ、眞鍋政義新監督率いる全日本女子チーム“火の鳥NIPPON”が意気込みを語った。

北京五輪から1年。監督も新たに新チームとして初めて迎える世界大会。ロンドン五輪への第一歩となる戦いに、眞鍋監督は「世界にない速さを追求していきたい。一戦一戦ベストを尽くして少しでも上位を目指す」と闘志を燃やした。新キャプテンの荒木絵里香は「大役をもらってまだ何をしたら良いかわからない状態でもあるけれど、自分らしく頑張っていく」、副キャプテンの栗原恵は「まず自分のプレーをすることが大事」と力強く語った。

世界の強豪12チームがそろう今大会は、7月31日から8月23日まで開催される。各チーム合計9試合の予選ラウンドを世界各地で行い、その上位5チームに開催国の日本を加えた6チームが決勝ラウンドを戦う。

今大会の全日本女子を応援するスペシャルサポーターは「NYC boys」。中山優馬(N)と「Hey!Say!JUMP」の山田涼介(Y)、知念侑季(C)ら7名でのメンバーで結成された。中山は「会場で応援するのが楽しみ。ひとつでも多くの勝利を見せてほしい」と“火の鳥NIPPON”にエール。大会テーマソング「NYC」を会場で披露し、自身3度目のスペシャルサポーターを務める山田は「アップテンポな曲でバレーボールの速い動きにぴったり」とアピールした。

フジテレビでは、予選ラウンドから日本戦全14試合を中継し、うち11試合をゴールデンタイムで放送。解説は川合俊一、中田久美、大林素子、吉原知子ら。大会期間中は、特別番組をはじめミニ枠「バレーメモ」や「バレーすぽると!」も放送。また、CSチャンネルのフジテレビTWO、フジテレビNEXTでも試合を中継する。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi