「エイリアン」新監督人事はリドリー・スコットの縁故採用。スタジオが難色 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月11日 > 「エイリアン」新監督人事はリドリー・スコットの縁故採用。スタジオが難色
メニュー

「エイリアン」新監督人事はリドリー・スコットの縁故採用。スタジオが難色

2009年6月11日 12:00

抜擢したリンシュ監督は 弟子で将来の娘婿だった!「エイリアン」

抜擢したリンシュ監督は
弟子で将来の娘婿だった!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先頃「エイリアン」のプリクエル(前章)が製作されることが決定し、シリーズの生みの親であるリドリー・スコット監督が、自らの製作プロダクション、RSAフィルムズに所属する32歳の新鋭CMディレクターのカール・リンシュを監督に抜擢した。

ところが、米エンターテインメント・ウィークリー誌の公式サイトが報じるところによると、スタジオの20世紀フォックスは、新人のリンシュ監督の起用に難色を示し、製作総指揮のリドリー・スコットに自らメガホンを取るよう要求しているという。

リンシェ監督と言えば、トヨタやBMWなど世界的大企業のCMをはじめ、数多くのミュージックビデオを手がける革新的な映像作家。おまけに、彼はスコット監督の娘ジョーダンさんの交際相手でもあるそうで、ゆくゆくは娘婿になる存在なのだ。

同作の製作陣には、リドリー・スコットに加えて弟のトニー・スコットマイケル・コスティガン(「ブロークバック・マウンテン」「サブウェイ123」)が名を連ねているが、クランクインに漕ぎつけるまでには、まだまだ紆余曲折がありそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi