「エイリアン」リメイク版の監督が決定?リドリー・スコットがプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月29日 > 「エイリアン」リメイク版の監督が決定?リドリー・スコットがプロデュース
メニュー

「エイリアン」リメイク版の監督が決定?リドリー・スコットがプロデュース

2009年5月29日 12:00

スコット監督が弟子を抜擢か?「エイリアン」

スコット監督が弟子を抜擢か?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月下旬、20世紀フォックスの共同会長トム・ロスマンが、「(シリーズ生みの親である)リドリー・スコット自身が『エイリアン』の前章についてあれこれ考えているようだ」と語った「エイリアン」(79)のリメイクなりプリクエルの企画だが、スコット監督はプロデュースに回り、新人監督がメガホンを取るらしいというニュースが報じられた。

米ホラー映画情報サイトBloody Disgusting.comによると、リドリーに加えて弟のトニー・スコットと、マイケル・コスティガン(「ブロークバック・マウンテン」「サブウェイ・パニック」)が製作陣に名を連ねており、スコット兄弟のプロダクションに所属する32歳の新鋭カール・リンシュが監督を務めることになりそうだという。

リンシュは、トヨタやBMWほかのCMやミュージックビデオを手がけるディレクターで、本作が決まればこれが長編映画監督デビュー作となる。スコット監督自身、広告界の出身であり、やはりその映像感覚を評価しての抜擢のようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi