宮崎あおいがボーカルとしてライブハウスに登場!人気漫画の映画化「ソラニン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月9日 > 宮崎あおいがボーカルとしてライブハウスに登場!人気漫画の映画化「ソラニン」
メニュー

宮崎あおいがボーカルとしてライブハウスに登場!人気漫画の映画化「ソラニン」

2009年6月9日 12:00

今度はCDデビュー!?「ソラニン」

今度はCDデビュー!?
(C)浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月25日、新宿の某ライブハウスで行われた映画「ソラニン」の撮影がマスコミに公開された。累計50万部、今を生きる若者たちの等身大の姿を描き、伊坂幸太郎、アジアンカンフージェネレーションらがファンを公言する浅野いにおの同名マンガを原作に、製作が進められている同作は、いまや国民的女優となった宮崎あおいが、ギターとボーカルに初チャレンジすることでも注目を集めている。

OL2年目で会社を辞めたヒロインの芽衣子(宮崎)と、音楽の夢をあきらめきれないフリーターの種田(高良健吾)が、お互いを支え合いながら、想いをつないで作り上げる楽曲が「ソラニン」。この日は、芽衣子が種田の意思を継ぎ、その「ソラニン」を歌い上げるクライマックスシーンの撮影。観客役のエキストラを入れての撮影が始まると、宮崎と桐谷健太(ドラム)、サンボマスター近藤洋一(ベース)はまるまる1曲を演奏し、客席から湧き上がった大きな拍手は、3人の演奏そのものに素直に反応したものだった。

「ライブシーンで全撮影終了できたということが、私にとってはとても大きかった」と宮崎は語る。「1曲ごとに最初から最後まで演奏させてもらって、スタッフもエキストラも大変なのに、最後までお付き合いしてくれて、満足して終わることができた。きっとカッコいいシーンになってと思うので、楽しみにしていてほしい」と自信を見せる。

ORANGE RANGEやYUIのPVで活躍し、今作で監督デビューを果たす三木孝浩は、宮崎のボーカルを「何の影響も受けていない、彼女独自のもの。芽衣子の持つ強さとはかなさ、そしてひたむきさを感じさせる」と絶賛。

2010年と公開はまだ先の「ソラニン」だが、この日のライブがどうフィルムに焼き付いているのか楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi