MTV映画賞の大ハプニング、エミネム激怒事件はすべて演出だった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月4日 > MTV映画賞の大ハプニング、エミネム激怒事件はすべて演出だった!
メニュー

MTV映画賞の大ハプニング、エミネム激怒事件はすべて演出だった!

2009年6月4日 12:00

世界大注目のハプニングは、映画の宣伝!?「ブルーノ」

世界大注目のハプニングは、映画の宣伝!?
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月31日に行われた第18回MTVムービーアワード2009でプレゼンターとして登場した英国人コメディアン、サシャ・バロン・コーエンが、ラッパーのエミネムの顔に丸出しの尻を突き出し、エミネムを激怒させた事件があった。だが、そのハプニングはすべて演出で、入念なリハーサルが行われていたことが発覚した。

「あの“ブルーノ&エミネム事件”は演出だった」と、同賞授賞式の構成作家スコット・オーカーマンが自らのブログに記載したことから、その事実が判明した(現在、記事は削除されている)。

31日の夜、コーエンは「ボラット」の“ボラット”と並ぶきわものキャラクター、ゲイのオーストリア人ファッションレポーター“ブルーノ”の扮装で登場。下半身を露出したままワイヤーに吊されたブルーノ(コーエン)はエミネムに落下して股間を押しつけ、エミネムはあわや窒息状態に。ボディガードが慌ててブルーノを振り払ったが、怒り心頭のエミネムが退席してしまうハプニングがあった。

当初の演出では、お騒がせセレブ、パリス・ヒルトンがブルーノの餌食になる予定だったが断られ、先月ニューアルバムをリリースしたエミネムが快く引き受けたのだという。だが、現在のところこの件に関して、MTV側、コーエン側、エミネム側とも沈黙を守っている。

31日の同賞授賞式後の24時間で、米MTV.com上にアップされた“ブルーノ&エミネム事件”の動画には全世界から80万アクセスが殺到。授賞式自体の視聴率も、最近で最も高かった04年の視聴率を上回っている。

そのコーエンがブルーノを演じるコメディ映画「ブルーノ」(ラリー・チャールズ監督)は7月11日より全米公開。この大騒動のおかげで、最高の映画宣伝になったことだけは間違いない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi