富士急ハイランドの「戦慄迷宮」が柳楽優弥主演で3D映画に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月4日 > 富士急ハイランドの「戦慄迷宮」が柳楽優弥主演で3D映画に!
メニュー

富士急ハイランドの「戦慄迷宮」が柳楽優弥主演で3D映画に!

2009年6月4日 12:00

どんな不気味なものが飛び出すのか…「呪怨」

どんな不気味なものが飛び出すのか…
(C) ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山梨県にある人気テーマパーク・富士急ハイランドの名物アトラクション「戦慄迷宮」が、日本初の実写長編デジタル3D映画として製作されることが分かった。タイトルは「戦慄迷宮3D/THE SHOCK LABYLINTH」で、「呪怨」シリーズの清水崇監督がメガホンを取り、柳楽優弥が主演を務める。

“廃病院”を再現した建造物の中を長時間歩くアトラクション「戦慄迷宮」は、1度入ると出るまでに約50分を要し、世界最長の“ウォークスルー型ホラーハウス”としてギネスブックにも正式認定されている。今回の映画は、柳楽扮する主人公ケンと仲間たちの前に、あるお化け屋敷で行方不明になっていた少女が10年ぶりに姿を現し、彼女を連れて訪れた病院での不気味な体験を通じて10年前の事件を知る、というストーリー。

実在のホラー・アトラクションを題材に扱うことになった清水監督は、「久々の映画ですが、また怖いの撮っちゃいます(笑)。僕自身、幼少期は怖がりだったのに何故なのか。今回の物語はもろにその辺に触れています」と意味深なコメント。

また、「怖いものが苦手」というホラー映画初主演の柳楽は、「(『THE JUON/呪怨』で)世界進出した清水監督と一緒にお仕事できるだけで、自分の財産だと思えるので嬉しい」と意欲を見せている。なお、キャストは柳楽のほかに蓮佛美沙子勝地涼前田愛水野絵梨奈といった若手俳優が脇を固める。

「戦慄迷宮3D/THE SHOCK LABYLINTH」は8月完成、10月より全国公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi