穂のか、ライバルは父・石橋貴明?「はりまや橋」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月3日 > 穂のか、ライバルは父・石橋貴明?「はりまや橋」舞台挨拶
メニュー

穂のか、ライバルは父・石橋貴明?「はりまや橋」舞台挨拶

2009年6月3日 12:00

穂のかは父・貴明との直接対決を希望!?「The Harimaya Bridge はりまや橋」

穂のかは父・貴明との直接対決を希望!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高知を舞台に、日米間の文化交流をテーマに描いた「The Harimaya Bridge はりまや橋」の試写会が6月2日、東京・新宿バルト9で行われ、出演者の高岡早紀穂のか、アロン・ウルフォーク監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は、事故で他界したアフリカ系アメリカ人ミッキー(ビクター・グラント)の描いた絵を集めるため来日した父ダニエル(ベン・ギロリ)が、現地の人々の温かさに触れ合い、誤解や偏見を乗り越えていく姿を描いたドラマ。高岡は周囲の偏見に苦しみながらミッキーとの間にできた子供を育てていく女性を、穂のかは物語のカギを握る知的障害の生徒に扮している。

17年前に英語教師として高知に住んでいたウルフォーク監督は、「“はりまや橋”はとても小さな橋ですが、文化間の架け橋という大きなシンボルがあります」と日本語を交えて観客に挨拶した。撮影中の指導や劇中の台詞は英語が大半を占めるのだが、高岡は「英語で日本の心を表現することが想像以上に難しかったです」としみじみ振り返った。

女優デビュー作にして知的障害者という難役に挑んだ穂のかは、とんねるず石橋貴明と前妻の娘。父親に相談せず、自らオーディションに挑んで役を勝ちとったという。だが、「初めての撮影だったのでとても緊張して、高知に入る3日前に40度の熱が出ました」と苦労を告白。「メジャーリーグ2」(94)でハリウッド・デビューしている父親からは「俳優の先輩としてアドバイスをもらいましたが、ちょっと悔しかった」と早くもライバル視している様子で、「いつか共演したいです。バラエティでも何でも。胸張って私の前に出てほしい」と不敵な笑みを浮かべた。

The Harimaya Bridge はりまや橋」は6月13日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi