高岡早紀、英語台詞の苦労を語る。「はりまや橋」外国人記者クラブ会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月12日 > 高岡早紀、英語台詞の苦労を語る。「はりまや橋」外国人記者クラブ会見
メニュー

高岡早紀、英語台詞の苦労を語る。「はりまや橋」外国人記者クラブ会見

2009年5月12日 12:00

ウルフォーク監督の知識と探究心に感服「The Harimaya Bridge はりまや橋」

ウルフォーク監督の知識と探究心に感服
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リーサル・ウェポン」シリーズや昨年のカンヌ国際映画祭のオープニングを飾った「ブラインドネス」で知られる名優、ダニー・クローバーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める「The Harimaya Bridge はりまや橋」の特別試写会及び記者会見が、5月11日、有楽町・日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)で開催され、アロン・ウルフォーク監督と主演の高岡早紀が出席した。

本作はサンフランシスコ在住の写真家ダニエル(ベン・ギロリ)が、日本の高知県で英語教師をしていた息子ミッキー(ビクター・グラント)の交通事故死を機に、つらい思いを胸に訪日し、画家でもあった息子の絵画を集めるというストーリー。高岡は亡きミッキーの妻で、生後間もない一人娘を育てる日本人女性・紀子を演じている。

今回、本格的な英語台詞に挑戦した高岡は、「単に英語を話すというレベルではなく、ちゃんと気持ちをこめて伝えなくてはいけなかったので、予想以上に大変だった」とコメント。米国人監督との仕事も初めての体験だったが、「私自身、決して英語が得意というわけではないので、常に相手を理解しようとする気持ちが強くなった。その分、深い絆で結ばれていたと思う」と振り返った。

一方、かつて英語教師として高知に暮らした経験を持つウルフォーク監督は、「この作品に長い歳月を費やしてきただけに、こうして完成できたことがとてもうれしい。私にとっても長い旅になりました」と自身の心境を主人公ダニエルと重ねながら、感慨深い表情だった。そんな監督に対し、高岡も「日本人以上に日本、特に高知県について研究をしていて、とても知識が豊富。日本人の私のほうが教わることが多かった」と語っていた。

The Harimaya Bridge はりまや橋」は6月6日よりTOHOシネマズ高知で先行公開、6月13日より新宿バルト9ほか全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi