大ヒットシリーズ最新作「天使と悪魔」の主演トム・ハンクスが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月15日 > 大ヒットシリーズ最新作「天使と悪魔」の主演トム・ハンクスが語る
メニュー

大ヒットシリーズ最新作「天使と悪魔」の主演トム・ハンクスが語る

2009年5月15日 12:00

価値あるシリーズなら再演もOK!「天使と悪魔」

価値あるシリーズなら再演もOK!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・ハンクス演じるハーバード大学の象徴学教授ロバート・ラングドンが、歴史に隠された謎を解き明かしていくミステリーサスペンスのシリーズ最新作「天使と悪魔」(ロン・ハワード監督)。いよいよ5月15日に全世界で一斉公開される本作のPRのため来日したトム・ハンクスが、インタビューに応じた。

前作「ダ・ヴィンチ・コード」では、パリを舞台にルーブル美術館で起こった殺人事件の行方を追ううちに、イエス・キリストの隠された秘密を暴き出したラングドン教授が、今度はローマを舞台に、カトリック教会の総本山、バチカンを消滅させようと企む秘密結社“イルミナティ”の陰謀を阻止するために走り回る。

「ダ・ヴィンチ・コード」はその内容から一部の宗教団体から非難を受けたが、ハンクスは「物語は全て仮説。その上で成り立っているストーリーだから、論議を醸すようなものではないと思っている」と、さすがの大物らしく泰然自若。「『ダ・ヴィンチ・コード』の時は物議を醸したのは確かだけど、それで何かが変わったわけじゃない。教会は今でも健全にそこにあるわけだし、映画は大ヒットしてハッピーだったしね(笑)。一番大切なのは、観客がお金を払って見るだけの価値があるか、観客を満足させることができるかということだよ」

2度のアカデミー主演男優賞受賞など、その輝かしいキャリアはあらためて説明するまでもない。しかし、彼が同じキャラクターを2度演じたのは、アニメ「トイ・ストーリー」を除けば、意外なことに今回が初。「同じことの繰り返しだったらやる意味はない。でも、今回は前作とテーマも冒険する世界も違うから、作る価値があると思ってOKした。何度もやる価値があるならやるよ」と、続編ものに対しても前向きな姿勢で、特にラングドンに関しては「さまざまな歴史をテーマに、毎回違った内容でシリーズ化しやすいかもね(笑)。もしこのシリーズが9作目まで続いたとしても、僕の足腰がしっかりしていればやるよ!」と意欲的だ。

シリーズの原作者ダン・ブラウンは、ラングドン教授が主人公の第3作「The Lost Symbol」を書き上げたばかりで、9月15日に全米で出版される。3作目の映画化があるなら、ハンクスは再び、ラングドンを演じてくれるはず。その前にまずは「天使と悪魔」でその勇姿を確かめたい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi