「ターミネーター4」マックG監督が“スター”クリスチャン・ベールを非難? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月13日 > 「ターミネーター4」マックG監督が“スター”クリスチャン・ベールを非難?
メニュー

「ターミネーター4」マックG監督が“スター”クリスチャン・ベールを非難?

2009年5月13日 12:00

暴言事件からさらに思わぬ事態に…「ターミネーター」

暴言事件からさらに思わぬ事態に…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 公開を目前に控えたこの時期に、どういう意図があるのかは分からないが、「ターミネーター4」(6月13日日本公開)のマックG監督が主演のクリスチャン・ベールを非難したと思われる発言が報じられた。

米ハリウッド・レポーター誌によると、マックG監督は当初同作の主人公となるマーカス・ライト役をベールにオファーしていたという。しかし、ベールがどうしてもこれまでの「ターミネーター」シリーズで主役だったジョン・コナー役を演じたいと言って譲らなかったため、最初の脚本では端役に過ぎなかったコナーを、“スター”であるベールにふさわしい扱いにする必要が生じた。そのため脚本の大幅な変更を余儀なくされ、マックG監督は連日ベールと共に脚本に関する話し合いをするなど、製作に支障をきたすことになったというのだ。

同作の脚本家ジョン・ブランカートも、「説得力のある形でコナーを脚本に組み込むために大変な労力が必要となった」と語っている。最終的に、“無名”のサム・ワーシントンが演じるライト役とコナー役が本編中に登場する時間はほぼ同じになったということだが……。

撮影現場での「ブチ切れ事件」ではベールの擁護に回ったマックG監督とスタッフだが、ここに至っての不協和音の背景には何があるのだろうか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi