クリスチャン・ベール、「ブチ切れ事件」を自ら語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月1日 > クリスチャン・ベール、「ブチ切れ事件」を自ら語る
メニュー

クリスチャン・ベール、「ブチ切れ事件」を自ら語る

2009年5月1日 12:00

演技だけに集中したいベール「ターミネーター4」

演技だけに集中したいベール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリスチャン・ベールが、今年2月にメディアを大いに騒がせた自身の“ブチ切れ暴言事件”について、米Total Filmのインタビューに答えた。

事件とは、「ターミネーター4」(マックG監督/6月13日日本公開)の撮影中に視界に入ったカメラマンに対してブチ切れたベールの、約4分に及ぶ放送禁止用語連発の罵声を録音した音声テープがネット上に流出したというもの。

ベールはまず、「自分がやってしまったことは事実。それについて言い訳するつもりはないし、その責任も自分にある」としたうえで、「しかし、現場の様子が録音されていたという事実を知ったことで、スタッフとキャストの間にあるべきはずの根本的な信頼関係が損なわれてしまった」と明かした。

「全ての録音マンが、“録音どころか、こちらの会話も聞いていないよ”というスタンスを取っている。暗黙の了解ではなくて、実際にそう明言しているんだ。でも、それはもう信用できない。誤解しないでほしいが、ここで言っているのは“自分が何かしでかしたとしても黙っててくれよ”という意味での信頼ではなく、もっと本質的な、一緒に何かを作る者としての信頼関係のことだ」

ベールはもともと、DVDの特典映像などのためにメイキングを記録するのが好きではないのだという。「みんなが裏側を知りたいと思っていることは分かっているが、映画ならではのマジックというものがあるとして、マジックなんだから種明かしはすべきではないということだ」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi