マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベール、伝説のボクサーとその兄に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月22日 > マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベール、伝説のボクサーとその兄に
メニュー

マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベール、伝説のボクサーとその兄に

2009年4月22日 12:00

ウォールバーグの兄役に「ロッキー」

ウォールバーグの兄役に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] かねてからマーク・ウォールバーグの主演企画として進められていた、実在のアメリカ人ボクサーの伝記映画「ザ・ファイター(The Fighter)」に、クリスチャン・ベールの出演が決定したと米バラエイティ誌が報じた。

レラティビティ・メディアが製作する同作は、ボストン出身のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードと、その片親違いの兄ディッキー・エクランドの半生を描くもの。1965年生まれのウォードは、大きなタイトルこそものにしなかったが、元世界チャンピオンのアルツロ・ガッティとの名勝負を通じてファンの間では人気の高いボクサー。ウォールバーグがウォードを、ベールがエクランドを演じる。

兄エクランドも、シュガー・レイ・レナードと対戦するほどのボクサーだったが、コカイン中毒となり犯罪に手を染め、一度は刑務所暮らしをするはめに。だが、その後更生したエクランドは、負け続きで引退を考えていた弟をトレーナーとして支え、見事兄弟でリングにカムバックを果たすという、「ロッキー」風のサクセスストーリーになるようだ。

実はこの作品、ウォードと同じボストン出身のウォールバーグにとっては長年の念願の企画。当初は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督がメガホンを取り、やはりボストン出身のマット・デイモンがエクランド役を演じる予定だった。しかしその後デイモンは降板、代わってブラッド・ピットの参加が伝えられたが進展を見せず、そうこうするうちにアロノフスキー監督も離脱してしまったという経緯がある。

今回、新たに監督も発表されたが、ウォールバーグとは「スリー・キングス」「ハッカビーズ」でも組んでいるデビッド・O・ラッセルに決定したようだ。

なお、ウォールバーグとベールはもう1本、ブライアン・シンガー監督のクライムドラマ「Prisoners」(2011年公開予定)でも共演することになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi