全裸で踊る名シーンを再現!山田孝之主演「鴨川ホルモー」試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月10日 > 全裸で踊る名シーンを再現!山田孝之主演「鴨川ホルモー」試写会
メニュー

全裸で踊る名シーンを再現!山田孝之主演「鴨川ホルモー」試写会

2009年4月10日 12:00

ライバル作品を“ゲロンチョリー”「鴨川ホルモー」

ライバル作品を“ゲロンチョリー”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「鹿男あをによし」で直木賞候補になった万城目学のロングセラー小説を映画化した「鴨川ホルモー」の完成披露試写会が、4月9日、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2にて開催され、主演の山田孝之栗山千明濱田岳石田卓也斉藤慶太斉藤祥太荒川良々本木克英監督が舞台挨拶を行った。

先月、沖縄国際映画祭でコンペ部門のグランプリにあたるゴールデンシーサー賞を受賞した本作。2浪して京大に入った安倍(山田)が「京大青竜会」なる怪しげなサークルに入会し、大木凡人そっくりのメガネ女子・楠木(栗山)や日本文化に憧れる帰国子女・高村(濱田)ら奇妙な仲間たちと共に、“オニ”と呼ばれる式神を操る謎の祭り“ホルモー”に熱狂する姿を、爆笑ギャグ満載で描く。

試写会ではまず浴衣を着た男性が登場、映画の大きな見どころである“全裸踊り”にちなみ、某有名CMソングに合わせフンドシ姿で踊りを披露。実際に素っ裸で撮影に臨んだ面々は「役柄上、あまり踊れず残念。もっとやりたかった」(山田)、「爽快でクセになりそう」(濱田)、「風通しがよく、改めて全裸はいいなーと思った」(斉藤慶)など感想を述べた。本木監督も「寒い中、深夜に長時間の撮影をした。大真面目にバカをやった名シーンです」と自信をみなぎらせた。

また、劇中しばしば登場する“オニ語”で「潰す」という意味の“ゲロンチョリー”したいことをそれぞれボードに書いて発表。「自分の弱い心」と発表した荒川が理由を問われて、「コーヒーを飲めないんだけど、出されると断れない。自分(の意志)がないんです」と答えるなど、ユーモアたっぷりのコメントが次々に飛び出し、会場は爆笑に包まれた。

鴨川ホルモー」は4月18日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi