山田孝之が由緒ある神社で全裸に!「鴨川ホルモー」イベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月29日 > 山田孝之が由緒ある神社で全裸に!「鴨川ホルモー」イベント
メニュー

山田孝之が由緒ある神社で全裸に!「鴨川ホルモー」イベント

2009年1月29日 12:00

山田のお尻効果でヒットとなるか?「鴨川ホルモー」

山田のお尻効果でヒットとなるか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月28日、「鹿男あをによし」の原作者・万城目学の処女小説を映画化した「鴨川ホルモー」の記者会見とイベントが、東京・御茶ノ水の神田明神にて行われ、主演の山田孝之栗山千明濱田岳石田卓也芦名星本木克英監督が来場した。

京都を舞台に描く「鴨川ホルモー」は、2浪して京都大学に入学した安倍(山田)が、一目惚れした早良(芦名)への下心から謎のサークル“青竜会”に入会し、大木凡人似の楠木(栗山)ら個性的な面々とともに、体長約30センチの“オニ”の姿をした式神(しきがみ)を操って戦う謎の祭“ホルモー”を行うという青春コメディ。

神楽殿で行われたイベントでは、劇中に出てくるオニの好物がレーズンという設定にちなみ、オニに扮した子どもたちに向かってキャストが豆まきならぬレーズンまきを行い、映画のヒットを祈願した。

本作はオール京都ロケで撮影されたそうだが、千年以上の歴史を誇る吉田神社で主演の山田が全裸になったことに話が及ぶと、本人は「別に恥ずかしさはなく、神聖な神社でスクリーンいっぱいに自分の尻を出すのはむしろ開放的だった(笑)」とコメントして会場の爆笑を誘った。また、これまでのイメージを覆すオタク系メガネ女子に扮した栗山は、「変身しがいのある役で気に入っている。撮影中は暑くてカツラの中がムレムレだったけど(笑)」と、こちらも撮影を楽しんでいた様子。

メガホンを取った本木監督が「今年の上半期で一番面白い映画だと自負している」と自信をのぞかせた「鴨川ホルモー」は、4月18日より公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi