森三中の村上、プロレスのようなベッドシーンを夫にひた隠し!「ララピポ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月29日 > 森三中の村上、プロレスのようなベッドシーンを夫にひた隠し!「ララピポ」
メニュー

森三中の村上、プロレスのようなベッドシーンを夫にひた隠し!「ララピポ」

2009年1月29日 12:00

AV女優役が功を奏してめでたく結婚「ララピポ」

AV女優役が功を奏してめでたく結婚
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・奥田英朗の同名ベストセラー小説を映画化した「ララピポ」(宮野雅之監督)の公開記念イベントが、1月28日、東京・新宿の老舗キャバレー、歌舞伎町クラブハイツにて行われ、主演の成宮寛貴森三中村上知子が登場した。

映画は、風俗専門のスカウトマン(成宮)、デブ専AV女優(村上)、対人恐怖症のフリーライター(皆川猿時)など、社会の底辺で生きる人々を描いた群像コメディ。「ララピポ」とは“a lot of people(たくさんの人々)”の意で、「パコと魔法の絵本」の中島哲也が脚色を担当した。

会場には成宮にスカウトされたい400人の女性たちが招待され、成宮と村上が劇中の衣装で登場すると大きな歓声が沸きあがった。成宮は、「ぴったりな役があると紹介されたのが、薄っぺらい嘘つきなスカウトマンの役だったのでビックリしたが、世界中が不況の中、人生を笑い飛ばせる映画になった」と挨拶。昨年結婚した村上は、「これまで彼氏がいたことがなかったので、映画でベッドシーンをやる前にプライベートで経験しておきたくて、彼氏を作ろうと頑張った(笑)。この映画に出演しなかったら結婚できなかったと思う」と撮影を振り返ったが、実際のベッドシーンはプロレスさながらの仕上がりで、未だに夫に見せられずにいるそうだ。

イベントの中盤にはサプライズゲストとして歌手のAIが登場し、映画の主題歌である「people in the World」を熱唱し、会場を大いに盛り上げた。AIは、「歌詞に『嫌なことは忘れて今日は盛り上がろう!』という想いを込めた。私の歌が流れる最後まで席を立たずに見てほしい」と映画も主題歌もしっかりとPRした。

ララピポ」は2月7日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi