ダコタ・ファニングが、ガールズバンド映画で挑発的なボーカルに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月6日 > ダコタ・ファニングが、ガールズバンド映画で挑発的なボーカルに
メニュー

ダコタ・ファニングが、ガールズバンド映画で挑発的なボーカルに

2009年3月6日 12:00

下着姿で歌っちゃうわよ「トワイライト 初恋」

下着姿で歌っちゃうわよ
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 70年代に世界的ブームを巻き起こしたガールズ・ロックバンドの結成から解散までを描く新作「ザ・ランナウェイズ(The Runaways)」に、ダコタ・ファニングが出演することになりそうだ。米バラエティ誌が報じている。

ザ・ランナウェイズは、ジョーン・ジェット(Vo/Gt) 、シェリー・カーリー(Vo/Key)、リタ・フォード(Gt)、ジャッキー・フォックス(B)、サンディ・ウエスト(D)の5人によって、75年にアメリカで結成された元祖ガールズ・ロックバンド。翌76年にデビューし、平均年齢16歳の少女たちによる過激なパフォーマンスが世間の注目を浴びたが、79年にメンバーの相次ぐ脱退により解散している。

ファニングは、ボーカルのシェリー・カーリー役で出演交渉中とのこと。コルセット&ガーターベルトというセクシーな姿でデビュー曲「Cherry Bomb(邦題:悩殺爆弾)」を歌っていたカーリーは当時15歳だったが、ファニングも現在15歳。カーリーはのちにドラッグ中毒やパーティ狂として知られるようになったが、可愛らしいファニングがワイルドなカーリー役をどう演じるか楽しみだ。

なお、もう1人のボーカル、ジョーン・ジェット役にはすでに「トワイライト/初恋」(4月4日日本公開)の主演女優クリステン・スチュワートが決定している。「トワイライト」の続編「ニュー・ムーン」(11月20日全米公開予定)にはファニングも出演する可能性が高く、スチュワートとファニングの美少女2人による2作連続共演が実現するかもしれない。

「ザ・ランナウェイズ」はフローリア・シジスモンディが監督・脚本、2010年全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi