成宮寛貴が自分の“ダメ人間”ぶりを告白。「ララピポ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月9日 > 成宮寛貴が自分の“ダメ人間”ぶりを告白。「ララピポ」初日
メニュー

成宮寛貴が自分の“ダメ人間”ぶりを告白。「ララピポ」初日

2009年2月9日 12:00

これが本当のダメ出し大会?「ララピポ」

これが本当のダメ出し大会?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・奥田英朗の同名小説を、「パコと魔法の絵本」の中島哲也による脚本で映画化した「ララピポ」が2月7日に初日を迎え、東京・渋谷のシネクイントにて、成宮寛貴村上知子森三中)、中村ゆり濱田マリらキャスト陣と宮野雅之監督が舞台挨拶を行った。

本作は、社会の底辺で生きる6人の“ダメ人間”たちの姿を描くコメディ。風俗専門のスカウトマンを演じた成宮は「今まで自分の薄っぺらい部分を必死で隠してきたけど、今回はその部分を拡大して演じなければならず、恥ずかしかった。試練を与えられた映画でした」と振り返った。

一方、ロリータファッションのAV女優を体当たりで演じた村上は、「ベッドシーンを演じるにあたってプライベートレッスンが必要だと思い、クランクインまでの3カ月間、必死で彼氏作りに励みました。この映画のおかげで(本当に)結婚することが出来た」と、自身の人生を大きく変えた作品に感謝しきりだった。

舞台挨拶では、劇中でさまざまな“ダメ人間”を演じたキャスト陣に「自分のダメな部分」について質問。成宮は今年の正月に旅行先のブラジルで盗難被害に遭ったエピソードを挙げ、「気をつけていたんですが、ちょっと気を抜いた瞬間にパスポートと携帯を入れたバッグを盗まれました。それを軽い気持ちで、ブログに書いたら大騒ぎになっちゃって。多くの方に迷惑をかけてしまって、自分ってなんてダメなんだと思いました」と心境を告白。

続いて共演陣も「飲み会の帰りに電車で眠ってしまい、気付いたら3往復していた」(中村)、「アラフォー世代ど真ん中なので、肌に付いたマスクの跡がなかなか取れない」(濱田)、「森三中のメンバーであること自体がダメ人間」(村上)と、次々に自分のダメ人間ぶりを告白し、会場は大きな笑いに包まれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi