「騒音おばさんのような人々の群像劇」。「ララピポ」監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月6日 > 「騒音おばさんのような人々の群像劇」。「ララピポ」監督が語る
メニュー

「騒音おばさんのような人々の群像劇」。「ララピポ」監督が語る

2009年2月6日 12:00

縁起のいい作品だけに、見たら結婚できるかも?「ララピポ」

縁起のいい作品だけに、見たら結婚できるかも?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・奥田英朗の同名小説を、「パコと魔法の絵本」の中島哲也脚本で映画化した「ララピポ」が、間もなく公開を迎える。本作で長編デビューを果たした宮野雅之監督に話を聞いた。

タイトルの「ララピポ」は“a lot of people”をカタカナ読みしたもので、風俗専門のスカウトマン(成宮寛貴)、アニメ声優希望のデブ専AV女優(村上知子)、スカウトマンとの関係にハマり堕ちていく元OL(中村ゆり)、対人恐怖症の高学歴フリーライター(皆川猿時)、自分がヒーローだと妄想するカラオケ店員(吉村崇)、ゴミ屋敷の主婦にして淫乱熟女(濱田マリ)という“負け犬”6人の人間模様を描く。

現代社会の負の部分が映し出されている本作だが、「暗い内容をどうお客さんに楽しんでもらえるかを一番意識した」という宮野監督の手によって、ポップな音楽と映像で紡がれた群像コメディに仕上がっている。また、余談ではあるが、この映画をきっかけに村上が電撃結婚したことを皮切りに、同じく出演者のインリン・オブ・ジョイトイが入籍、さらに濱田が再婚するなど、物語とは裏腹にめでたいニュースが続いたことでも話題となった。


撮影中の成宮(右)、村上(左)と宮野監督「ララピポ」

撮影中の成宮(右)、村上(左)と宮野監督
[拡大画像]

物語の主軸となる軽薄なスカウトマン栗野を演じた成宮は、「栗野役には感情移入できる」と出演を快諾したそうで、監督も「成宮君のキャスティングはベストでした。とにかくキラキラしたキャラクターを演じてもらったのですが、栗野役は彼自身から出てくるものが多かった」と新境地を開いた成宮を称えた。

そんな栗野をはじめとした登場人物たちについて、「“騒音おばさん”のようなTVのワイドショーに出てくる人々」と表現する監督。「世間は彼らのことを善か悪かでしか評価しませんが、彼らだっていろんなことを考え、苦しみながら生きていると思うんです。もちろん隣に住んでたら嫌ですけど(笑)」と語り、「この映画を楽しむ人もいれば身につまされる人もいるでしょう。生きることは大変だけど、生きていくことの楽しさを感じてほしい」とメッセージを送った。

ララピポ」は2月7日より全国公開

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi