文豪アーネスト・ヘミングウェイの伝記映画が製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月4日 > 文豪アーネスト・ヘミングウェイの伝記映画が製作へ
メニュー

文豪アーネスト・ヘミングウェイの伝記映画が製作へ

2009年2月4日 12:00

[映画.com ニュース] 1961年に61歳で猟銃自殺を遂げたアメリカを代表する文豪でノーベル文学賞作家、アーネスト・ヘミングウェイ伝記映画が製作されることになった。米ハリウッド・レポーター誌が報じている。

原作は、ヘミングウェイの親しい友人だったA・E・ホッチナーによる伝記本「パパ・ヘミングウェイ」(ハヤカワ文庫刊)。晩年のヘミングウェイとの死にいたるまでの14年間の交流を綴り、ベストセラーとなった。同作の映画化権を獲得した米ゴッサム・グループとプロデューサーのケビン・フォーチュナが製作を手がける。

小説家、伝記作家、そして故ポール・ニューマンのビジネスパートナーとしても知られるホッチナーは、ヘミングウェイの短編を基にした62年の映画「青年」(マーティン・リット監督)の脚本を手がけたほか、自身の回想録「King of the Hill」がスティーブン・ソダーバーグ監督によって映画化もされている(日本未公開。「わが街セントルイス」としてビデオ発売)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi