名曲ズラリ。「ウォッチメン」サントラ曲目リストが明らかに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月26日 > 名曲ズラリ。「ウォッチメン」サントラ曲目リストが明らかに!
メニュー

名曲ズラリ。「ウォッチメン」サントラ曲目リストが明らかに!

2009年1月26日 12:00

ボブ・ディランがお好き?「ウォッチメン」

ボブ・ディランがお好き?
(C)2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
WATCHMEN and all related characters
and elements are trademarks of and (C) DC Comics
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「300/スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督が、アラン・ムーア原作、デイブ・ギボンズ原作のグラフィックノベルを映画化するダークなコミックヒーロー映画「ウォッチメン」が、全米で3月6日、日本で同月28日、ついに公開される。

どんな音楽が使われるのか、欧米でカルト的人気を誇る原作のファンの間で製作前から話題沸騰だったが、このほど米SF映画サイトSci Fi Wireがその音楽について紹介。全米で公開日3日前の3月6日に2種類がリリースされ、往年の名曲をズラリと集めたサウンドトラック盤「Music from Motion Picture Watchmen」と、作曲家タイラー・ベイツ(「ドーン・オブ・ザ・デッド」「地球が静止する日」)によるオリジナルスコア盤「Watchmen Original Motion Picture Score」になることが判明した。

映画のテーマは「誰が見張り(ヒーロー)を見張るのか?」で、アメリカ政府から引退させられたスーパーヒーローたちが活躍するというダークな内容。名曲集のサントラには、下記の通り、作品世界を反映する内容の曲がいっぱいだ。マイ・ケミカル・ロマンスの「廃墟の街」、ジミ・ヘンドリックスの「ウォッチタワー」といったボブ・ディランの名曲のカバーのほか、ディラン自身の「時代は変わる」までも。クラシックから「8 1/2」「地獄の黙示録」でも使われたワーグナー「ワルキューレの騎行」もあれば、ナット・キング・コールの「アンフォゲッタブル」、レナード・コーエンの「ハレルヤ」といったバラードもある。スコア集には、それぞれのヒーロー名が付けられたタイトルに混じってモーツァルト「レクイエム」も入っている。特に、サントラは曲名リストを見るだけで、映画の内容が楽しみになる、極上のコンピレーションアルバムになっている。

▼「ミュージック・フロム・モーション・ピクチャー・ウォッチメン」
1.廃墟の街(Desolation Row)/マイ・ケミカル・ロマンス(詞・曲/ボブ・ディラン
2.アンフォゲッタブル(Unforgettable)/ナット・キング・コール
3.時代は変わる(The Times They Are A-Changin')/ボブ・ディラン
4.サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)/サイモン&ガーファンクル
5.ミー・アンド・ボビー・マギー(Me & Bobby McGee)/ジャニス・ジョップリン
6.ブギー・マン(I'm Your Boogie Man)/K.C.&ザ・サンシャイン・バンド
7.ユー・アー・マイ・スリル(You're My Thrill)/ビリー・ホリディ
8.プルーイット・アイゴー&プロフェシーズ(Pruitt Igoe & Prophecies)/フィリップ・グラス・アンサンブル
9.ハレルヤ(Hallelujah)/レナード・コーエン
10.ウォッチタワー(All Along the Watchtower)/ジミ・ヘンドリックス(詞・曲/ボブ・ディラン
11.ワルキューレの騎行(Ride of the Valkyries)by リヒャルト・ワーグナー/ブダペスト交響楽団
12.海賊ジェニー(Pirate Jenny)/ニーナ・シモンデイブ・ギボンズ原作の短編アニメーション映画「Tales From The Black Freighter」エンドクレジットより流用)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi