玉山鉄二の爆弾発言に宮川大輔が汗だく。「カフーを待ちわびて」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月10日 > 玉山鉄二の爆弾発言に宮川大輔が汗だく。「カフーを待ちわびて」舞台挨拶
メニュー

玉山鉄二の爆弾発言に宮川大輔が汗だく。「カフーを待ちわびて」舞台挨拶

2008年12月10日 12:00

カフーに見向きもされなかった玉山「カフーを待ちわびて」

カフーに見向きもされなかった玉山
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恋愛小説を広く発掘するためにスタートした「日本ラブストーリー大賞」の第1回大賞受賞作を映画化した「カフーを待ちわびて」の完成披露試写会が、12月9日に東京・新橋のスペースFS汐留で開催され、主演の玉山鉄二、マイコ、尚玄、宮川大輔白石美帆中井庸友監督が舞台挨拶を行った。

本作は、沖縄の小さな島を舞台に、愛犬のカフーと暮らす不器用な青年(玉山)と、ある日突然、島にやってきた美しい女性(マイコ)の恋の行方を描いたラブストーリー。カフーには沖縄の言葉で、「幸せ」「良い知らせ」の意味がある。

舞台挨拶に立った玉山は「緊張のあまり、アメを出すのを忘れてました」と言いながら、口の中にあったアメ玉をさっと宮川に手渡した後、何事もなかったかのように「ゆるいメロディーラインを奏でて、最後には波が引いていくような心和む作品」とPR。一方、玉山がなめていたアメ玉を手にした宮川は、「もったいないので」とそのアメ玉を口にする一幕もあった。

そんな宮川は、司会者から「撮影中のすべらないエピソードをお願いします」とムチャぶりされ、ロケの合間に訪れた沖縄のダチョウ園での思い出を語るも客席の反応はイマイチ。さらに玉山から「宮川さんは酒を飲みながら、芸人を辞めて役者一本でいきたい、ともらしていた」と暴露され、汗だくになりながら玉山の発言を否定していた。

舞台挨拶の最後には映画のもう1人の主人公である犬のカフーがステージに登場したが、ロケの間ずっと一緒に過ごしたはずの玉山を素通り。玉山は「僕のことを完全に忘れてますね。あんなに散歩に連れて行ってやったのに……」としょんぼりした表情だった。

カフーを待ちわびて」は09年2月28日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi