「ジュラシック・パーク4」は原作者の死で製作中止、と製作者が明言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月10日 > 「ジュラシック・パーク4」は原作者の死で製作中止、と製作者が明言
メニュー

「ジュラシック・パーク4」は原作者の死で製作中止、と製作者が明言

2008年12月10日 12:00

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督の右腕として「E.T.」(82)以来の全作品を手がける、“アンブリン・エンターテインメント”共同設立者キャスリーン・ケネディが、最新プロデュース作品「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(デビッド・フィンチャー監督/09年2月7日日本公開)のプレスジャンケットに、夫の製作者フランク・マーシャルとともに登場した。

米映画サイトComingsoon.netによると、ケネディは09年に製作予定で準備が進められてきた「ジュラシック・パーク4」について語り、先月惜しくも原作者のマイケル・クライトンが亡くなったことにより、「4」は今後製作されないだろう、と明かした。「ご存じのようにクライトンが亡くなったでしょ? 続編についても考えたけれど、彼の死はもうシリーズに手を出すのはやめよう、というサインなのかもしれない」と続編製作から手を引くことを明言した。

同シリーズは、「ジュラシック・パーク」(93)、「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(97)、「ジュラシック・パークIII」(01)と3作品が作られ、前2作はスピルバーグ監督自らがメガホンを取り、世界的な大ヒットを記録。その第4作目の製作を、“アンブリン”のパートナーでもあるケネディ&マーシャルの2人が画策してきたが、原作者クライトンの死により、同シリーズは3作目までで打ち止めとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi