溝端淳平が衝撃のケータイ小説にショック!「赤い糸」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月8日 > 溝端淳平が衝撃のケータイ小説にショック!「赤い糸」舞台挨拶
メニュー

溝端淳平が衝撃のケータイ小説にショック!「赤い糸」舞台挨拶

2008年12月8日 12:00

赤い糸で結ばれた若い2人ですが…「赤い糸」

赤い糸で結ばれた若い2人ですが…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中高生の圧倒的な支持を集めるケータイ小説を、映画とTVドラマの連動企画として映像化される「赤い糸」のドラマ放送前夜祭が12月5日、横浜のワーナー・マイカルみなとみらいで開催され、主演の南沢奈央溝端淳平木村了岡本玲が舞台挨拶を行った。

本作は、同じ1992年2月29日に生まれた幼なじみの芽衣(南沢)と敦史(溝端)が中学生になって再会し、運命に導かれながら惹かれあう姿を描いた青春ドラマ。切ない純愛ストーリーであると同時に、自殺未遂、ドラッグ、DVなど過激な描写を含む、物議をかもしそうな内容の作品。

ヒロイン役を体当たりで演じる南沢は「横書きは読むのに抵抗があったが、セリフが多くて感情がストレートなので、入り込みやすかった」と原作についての感想を述べたが、同世代からの支持が高いメイ(原作者)のケータイ小説の映像化作品で主演することについて、「受け入れてもらえるかとても不安だった。少し大げさですけど、“代表”という気持ちで演じました」と素直な心情を告白した。

一方、敦史役の溝端は原作について、「つらいことがたくさん起こるストーリーなので、女の子はなんでこういうのを読むんだろうって最初は思いました。当時は地元(和歌山県)に住んでいたので、都会の人はみんなこうなのかって、“カルチャーショック”でしたね」と波瀾のストーリー展開に戸惑いもあったようだが、「10代ならではの葛藤や友情、家族愛が奥にあった」とコメント。撮影に関しても、「夏に冬のシーン、冬に夏のシーンを撮影したので大変でしたが、現場は和気あいあい楽しかった」と同世代が集まった撮影現場のムードの良さを語った。

その日は舞台挨拶終了後、TVドラマ版「赤い糸」(フジテレビ系列で土曜日23時10分より放送)の第1話、第2話が先行公開。映画版「赤い糸」は12月20日より公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi