スピルバーグ監督のリメイク版「オールド・ボーイ」の脚本家が決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月21日 > スピルバーグ監督のリメイク版「オールド・ボーイ」の脚本家が決定!
メニュー

スピルバーグ監督のリメイク版「オールド・ボーイ」の脚本家が決定!

2008年11月21日 12:00

「レジェンド」の脚本家を 連れてきましたけど、何か?「ポセイドン」

「レジェンド」の脚本家を
連れてきましたけど、何か?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督がウィル・スミス主演で、パク・チャヌク監督の韓国映画「オールド・ボーイ」(03)をリメイクする企画の脚本家が決定。米ハリウッド・レポーター誌によると、スミス主演作「アイ・アム・レジェンド」のマーク・プロトセビッチに決定したという。

土屋ガロン・作&嶺岸信明・画による日本の同名漫画を原作としたオリジナル版は、主演俳優チェ・ミンシクの迫真の演技もあってカンヌ国際映画祭審査員大賞を受賞。そのハイテンションな暴力が話題を呼んだ復讐劇で、欧米でも評価が高い。ところが、それを脚色する脚本家がプロトセビッチになったことにより、世界中の映画情報サイトが「期待が持てない」「失敗は間違いない」と軒並みトーンダウンしている。

というのも、プロトセビッチの代表作は「アイ・アム・レジェンド」(07)と「ポセイドン」(06)。どちらも70年代のヒット作のリメイクだ。前者は、リチャード・マシスン原案の「地球最後の男 オメガマン」(71)のリメイクだが、共同脚本のヒットメイカー、アキバ・ゴールズマン(「シンデレラマン」「ダ・ヴィンチ・コード」)が仕上げをした作品で、スミス主演だったため大ヒットした。一方の後者は、オールスターキャストのパニック超大作「ポセイドン・アドベンチャー」(72)のリメイク。脚本は彼ひとりで執筆したが、人間ドラマの描写が省かれ、ウォルフガング・ペーターゼン監督のCGのみ注目される失敗作となった(もっとも、こちらもゴールズマンがプロデューサーとして名を連ねている)。「ポセイドン」の二の舞にならないことを祈るしかない。

また、同誌によると、ドリームワークスは、現在リメイク権を所有するマンデイト・ピクチャーズから、同社が製作に加わるという条件さえ呑めば、間もなく映画化権を取得できる運びになるという。脚本がプロトセビッチによってどのように脚色されるのか、大いに注目される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi