米ピープル誌が選ぶ「08年最もセクシーな男」にヒュー・ジャックマン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月21日 > 米ピープル誌が選ぶ「08年最もセクシーな男」にヒュー・ジャックマン
メニュー

米ピープル誌が選ぶ「08年最もセクシーな男」にヒュー・ジャックマン

2008年11月21日 12:00

女性をウットリさせる笑顔が魅力「オーストラリア」

女性をウットリさせる笑顔が魅力
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ピープル誌恒例の「08年最もセクシーな男(Sexiest Man Alive 2008)」に、「X-MEN」のウルヴァリンで知られ、「オーストラリア」(バズ・ラーマン監督/09年2月28日日本公開)や「X-MENオリジンズ/ウルヴァリン」(ギャビン・フッド監督/09年日本公開)を控えるオーストラリア人俳優ヒュー・ジャックマンが選ばれた。

筋骨隆々のたくましい肉体と優しい笑顔が印象的なジャックマンは、映画だけでなくブロードウェイ舞台でも活躍する、“歌えて、踊れて、武器も使える”スターだ。自宅ではロマンチックなバラードを歌い、子供たちのためにパンケーキを焼く、良き家庭人としても知られている。

40歳になった今年初めて同誌の「最もセクシーな男」に選ばれた夫について、妻で女優デボラ・リー・ファーネスは「彼の身体は最高だけど、私は特に彼の中味が好きよ」とコメント。

さらに、新作「オーストラリア」で共演したニコール・キッドマンは「ヒューが部屋に入ってきた途端、女性たちは『オー・マイ・ゴッド……』ってアゴが落ちるぐらい見とれていたわ」とその魅力を語っている。

ジャックマンの他には、「007/慰めの報酬」(マーク・フォースター監督/09年1月日本公開)を控える6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグや、全米のティーンの間で話題沸騰のバンパイア映画「トワイライト」(キャサリン・ハードウィック監督/09年春日本公開)の主演俳優ロバート・パティンソンのほか、ザック・エフロンハビエル・バルデムデビッド・ベッカムらが選ばれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi