スピルバーグ&W・スミスの「オールド・ボーイ」、日本の版元は「聞いてない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月11日 > スピルバーグ&W・スミスの「オールド・ボーイ」、日本の版元は「聞いてない」
メニュー

スピルバーグ&W・スミスの「オールド・ボーイ」、日本の版元は「聞いてない」

2008年11月11日 12:00

原作者が一番の驚きかも!「オールド・ボーイ」

原作者が一番の驚きかも!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督が、ウィル・スミスを主演にして、パク・チャヌク監督の韓国映画「オールド・ボーイ」(03)のハリウッド版リメイク作品を企画中だという。業界誌バラエティが報じた。

同作は、パク・チャヌク監督の復讐3部作の第2作で、原作は日本の土屋ガロン(狩撫麻礼)・作&嶺岸信明・画による同名漫画(96~98年、双葉社「漫画アクション」連載)。漫画版と比べて、設定や結末が違う映画版は、理由不明のまま15年間も何者かに監禁されていた平凡なサラリーマンのオ・デス(チェ・ミンシク)が解放されたのち復讐を挑むというバイオレンス映画。03年の第57回カンヌ国際映画祭コンペ部門に出品されると、審査委員長のクエンティン・タランティーノ監督から激賞され、審査員特別グランプリを受賞した。

バラエティ誌は、スピルバーグ監督がウィル・スミス主演で企画を模索中にこの作品のリメイクに白羽の矢を立てた、と報じており、スピルバーグ率いるドリームワークスがリメイク権を獲得次第、映画化が実現すると記している。もっとも、同作のリメイク権を現在保有しているのはユニバーサル。同社はドリームワークスの新しい業務提携先であるハリウッドメジャーであり、その実現性はゼロではなさそうだ。

実は、リメイク権を数年前に米ユニバーサルへ売却したのは韓国の「オールド・ボーイ」製作会社で、売却時に日本側と少し揉めた経緯があるが、今回リメイクされるのは韓国映画の方なのだという。その原作漫画の版権を所有する双葉社に確認したところ、「まったくの初耳」という反応が返ってきた。

とはいえ、これが実現されれば、日本の漫画が韓国の映画を経てハリウッドの映画へ。ハリウッド・ナンバーワンのヒットメーカーであるスミス主演&スピルバーグ監督という夢のような映画の原作者に、土屋&嶺岸両氏の名が連ねられることになるのだが……。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi