珍エピソードや大島オノロケ発言に爆笑の嵐!「ハンサム★スーツ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月4日 > 珍エピソードや大島オノロケ発言に爆笑の嵐!「ハンサム★スーツ」初日
メニュー

珍エピソードや大島オノロケ発言に爆笑の嵐!「ハンサム★スーツ」初日

2008年11月4日 12:00

観客と一緒に「レッツ・ハンサム!」「ハンサム★スーツ」

観客と一緒に「レッツ・ハンサム!」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 谷原章介とお笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅がW主演するラブコメディ「ハンサム★スーツ」(英勉監督)が、11月1日に初日を迎え、東京・渋谷シネクイントにて、主演の谷原章介、共演の北川景子佐田真由美大島美幸佐々木希山本裕典、脚本を手がけた人気構成作家の鈴木おさむ、英監督が舞台挨拶を行った。

同作は、ブサイクな顔が災いして彼女いない歴33年の主人公・大木(塚地)が、着るだけでハンサムになれる不思議なスーツを手に入れたことで人気カリスマモデルの光山杏仁(谷原)として、かつてないモテモテ・ライフを謳歌するが、次第に自分にとって大切なものは何かを考え始めるという物語。第21回東京国際映画祭でマーケットスクリーニングされた直後から海外配給のオファーが殺到、アジア7地域での上映が決定したという作品だ。

この日、スケジュールの都合により欠席した塚地について、谷原は「今日も塚地さんがボクの中に入ってる」と絶妙なフォローぶり。そんな谷原とのラブシーンを演じた佐田は「監督が初めてのラブシーン撮影で興奮していたらしく、カット後『すごく良かった!!』と大量の鼻水を垂らしながら近寄ってきてビックリした」と爆笑の舞台裏を明かし、英監督も「ホントに興奮してて……。この映画は僕がゲラゲラ笑っているうちに出来上がった作品」と独特のコメントで会場の笑いを誘った。

大島(助演)&鈴木(脚本)の夫婦“コラボ”も話題の本作だが、「ダンナが書いた脚本に出たのは初体験。やっぱり彼は天才!」(大島)、「妻にショボい演技をさせたくなくて、ボクが塚地さん役をやりながら家でリハーサルをした。妻が出るシーンは照れちゃった」(鈴木)と、2人からお約束のオノロけ発言も飛び出した。

さらに、映画ではキャストそれぞれが濃い演技を見せている中、脚本家の鈴木から「谷原さんはヘン顔披露とか振り切った演技をしていて、試写で見てビックリ。日本でも稀な役者だと思う」と太鼓判を押されると、谷原は自身が演じた杏仁ばりのキラースマイルを振りまき、会場は盛大な拍手で包まれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi