「ハンサム★スーツ」主演のドランク塚地、「琢郎は僕のドキュメンタリー」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月31日 > 「ハンサム★スーツ」主演のドランク塚地、「琢郎は僕のドキュメンタリー」
メニュー

「ハンサム★スーツ」主演のドランク塚地、「琢郎は僕のドキュメンタリー」

2008年10月31日 12:00

ブサイク歴の長い塚地ならではの説得力「ハンサム★スーツ」

ブサイク歴の長い塚地ならではの説得力
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気放送作家の鈴木おさむが脚本を手がけ、ドランクドラゴンの塚地武雅谷原章介のダブル主演で描く「ハンサム★スーツ」が、間もなく公開を迎える。主人公・大木琢郎役を演じた塚地に話を聞いた。

定食屋を営むブサイクだが心優しい青年・琢郎(塚地)は、ある日、紳士服屋で着るだけでハンサムになれるというスーツを手に入れる。スーツを着て見違えるような美男子(谷原)に変身した琢郎は、光山杏仁という名のカリスマモデルとして活躍するようになるが……。

「これまでもモテない役を演じることが多かったけど、脚本の一番最初に“ブサイクな定食屋店主役・塚地武雅”と書いてあるのを見て、役名の段階からブサイクと言われるのかと正直ビックリしました」と話す塚地だが、琢郎役に抜擢されたことは「嬉しかった」という。「数いるブサイクの中から僕が選ばれたということは、言うなればミス・ユニバースに選ばれたようなもの。まあ判断基準は真逆ですけど(笑)」

ブサイクゆえに痴漢に間違われるなど酷い目に遭う琢郎は、「僕のドキュメンタリーに近い」と語るほど塚地自身と共通点が多かったそう。普段はお笑い芸人として活躍する塚地は、仕事柄「ブサイクと言われることに慣れている」というが、「ある時、女子高生2人が駆け寄ってきたんですが、1人は僕のファンだけどもう1人は僕にまったく興味がなかったみたいで、ファンの子が『塚地さんカッコイイ!』と言うと、片割れが『全然カッコよくないよ!』といきなり怒り出したんです。しまいには『塚地さんは自分のことをカッコイイと思ってるんですか?』と僕が責められる始末。一体僕が何したって言うんですか(笑)」と、琢郎に負けない理不尽なエピソードを明かした。

最後に、塚地にとっての“ハンサム”の条件とは? 「見た目がカッコよくても“隙のある人”かな。何か失敗したときに『何やってるんですか』と突っ込まれる人というか、恥をかける人ですね。逆に周りにイジらせない空気を持ってる人は、同性からも愛されないと思うんです」

ハンサム★スーツ」は11月1日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi