サラ・ジェシカ・パーカー製作のHBOの新コメディ、主演女優3人が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月8日 > サラ・ジェシカ・パーカー製作のHBOの新コメディ、主演女優3人が決定
メニュー

サラ・ジェシカ・パーカー製作のHBOの新コメディ、主演女優3人が決定

2008年10月8日 12:00

今回の舞台はワシントン「セックス・アンド・ザ・シティ」

今回の舞台はワシントン
(C)MMVlll New Line Productions, Inc.
Sex and the City(TM) is a trademark
of Home Box Office,
Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米HBOのヒットシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリー役が当たり役となったサラ・ジェシカ・パーカーが、同局で新たに3人の女性を主人公にしたコメディの製作を手がけているが、そのパイロット版のキャスティングが発表された。

同作「The Washingtonienne(ワシントン女、の意)」は、ワシントンDCで議員事務所のアシスタントをしていたジェシカ・カトラーが、政治家たちとの奔放なセックスライフを綴って話題になった同名のブログと書籍に基づいたコメディ。

TV版ではワシントンの連邦議会議事堂周辺で働く28歳の女性3人が登場するという設定で、スピーチライターになることを夢見てニューヨークから来た主役のジャッキーを、「トランスフォーマー」「シャッター」のレイチェル・テイラーが演じる。

ほかに、ジャッキーの大学時代の友人で、上院議員補佐官の恋人と倦怠期の夫婦のような生活を送るエイプリル役にビッツィー・テュロック、小さな田舎町から首都にやってきた保守派でワーカホリックのローラ役に「ディスタービア」のアマンダ・ウォルシュが決定した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi