ジョニー・デップ、「パイレーツ4」の出演料は史上最高57億円! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月8日 > ジョニー・デップ、「パイレーツ4」の出演料は史上最高57億円!
メニュー

ジョニー・デップ、「パイレーツ4」の出演料は史上最高57億円!

2008年10月8日 12:00

名実ともにハリウッド ナンバーワンに!「ダ・ヴィンチ・コード」

名実ともにハリウッド
ナンバーワンに!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パイレーツ・オブ・カリビアン4」にキャプテン・ジャック・スパロウ役で主演するジョニー・デップの出演料が、映画史上最高の5575万ドル(約57億円)に達することが分かった。英デイリー・メール紙が報じたもの。

過去最高は、「ダ・ヴィンチ・コード」に続いて「天使と悪魔」(09年公開)でロバート・ラングドン教授を演じるトム・ハンクスの5000万ドル(約51億円)だった。

スタジオ関係者は、デップの出演なしに「パイレーツ4」は大成功しないとギャラ高騰の理由について述べている。「前3作は、ボックスオフィスで27億ドル(約2700億円)稼いでいるんだ。ディズニーの重役連中がジャック(・スパロウ)に戻ってもらうため、いくら現金を積もうが驚きはしないよ」

デップは先日、ディズニーと同作を含む3本で契約。同じジェリー・ブラッカイマー製作の西部劇「ローン・レンジャー」でレンジャーの相棒トントを、ティム・バートン監督の「不思議の国のアリス」でいかれ帽子屋を演じる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi