長渕文音「佐々部組で幸せ」。「三本木農業高校、馬術部」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月6日 > 長渕文音「佐々部組で幸せ」。「三本木農業高校、馬術部」初日
メニュー

長渕文音「佐々部組で幸せ」。「三本木農業高校、馬術部」初日

2008年10月6日 12:00

卒業までの成長に全員が感激

卒業までの成長に全員が感激
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 青森県十和田市に実際存在する県立農業高校の馬術部を舞台に、盲目の馬と女子高生の絆を描く「三本木農業高校、馬術部/盲目の馬と少女の実話」(佐々部清監督)が10月4日に初日を迎え、東京・新宿のバルト9で主演の長渕文音をはじめ、共演の柳葉敏郎松方弘樹黒谷友香らが舞台挨拶を行った。

仕事の都合で、上映前の舞台挨拶に1人で登場した柳葉は「父親として亭主として、伝えたいことがきっちりと注ぎ込まれた映画です」と作品の出来に自信を見せた。長渕との共演については、幼少時代の彼女を知っているだけに感慨もひとしおのようで「撮影では、親戚の子が成長するひとときを共に過ごしたような感じ。卒業式のシーンでは自然と涙がこぼれました」と“疑似家族”のような心境を明かした。

長渕は、主演が決まった際、父・長渕剛から「自分が後悔しないよう、思いきりやれ」と言われたことを明かし、「練習も含め、2年間この映画に携わってきました。最初はプレッシャーもあったけど、気づくと現場を楽しんでる自分がいました」。吹替えなしの馬術シーンも見どころのひとつだが、乗馬経験のある黒谷は「5人の上達ぶりがすごかった。本物の選手のようだった」と彼らの馬術センスに太鼓判。そんな黒谷の賞賛を後押しするかのように、仕事のためにやむなく欠席した佐々部監督からのメッセージを寄せた手紙も紹介され、「若手5人の頑張りが作品を支えてくれた。乗馬シーンも素晴らしかった。僕の無理難題を聞いてくれてありがとう。(彼らのメイキング映像で構成された)エンドロールは僕からのお礼のつもりです」

監督からの温かい言葉を聞いた長渕は「監督がいたからこそ、多くのことを経験できた。佐々部組で幸せでした。(これは)人が本来持っている痛みや苦しみ、喜びがすべて込められた映画です」と締めくくり、初主演としての晴れ舞台を立派に務め上げた。

三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~[DVD] 三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~[DVD] 最安価格: ¥3,175 盲目の馬とふれあい、青春期の少女が大人へと成長していく姿を描いた感動に実話ドラマ。長渕文音、柳葉敏郎、奥村知史ほか出演。
FASHION STORY-Model-[Blu-ray/ブルーレイ] FASHION STORY-Model-[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,807 すべての女性に贈るモデルへの道・青春映画が誕生!出演:長渕文音

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi