松雪泰子が、角川春樹監督作「笑う警官」のヒロインに決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月6日 > 松雪泰子が、角川春樹監督作「笑う警官」のヒロインに決定!
メニュー

松雪泰子が、角川春樹監督作「笑う警官」のヒロインに決定!

2008年10月6日 12:00

演技力を買われた2人「笑う警官」

演技力を買われた2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「時をかける少女」(97)以来11年ぶりとなる角川春樹の監督作「笑う警官」(09年公開)に、「フラガール」「デトロイト・メタル・シティ」「容疑者Xの献身」の松雪泰子が出演することが分かった。

笑う警官」の原作は、04年に発表された佐々木譲の同名小説。発表当時「2005年版このミステリーがすごい!」で10位にランクインした人気作で、02年、現職の北海道警警部が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことに端を発した道警の組織ぐるみの汚職事件をモチーフに、警察という組織、警官という人間の倫理を問う骨太な社会派作品だ。

松雪が演じるのは、大森南朋が演じる主人公の警部補・佐伯を助ける小島百合巡査部長。剣道の達人でもあるバツイチの婦人警官で、角川監督は「凛としており、演技力が抜群の松雪さんであれば演じ切れる」と全幅の信頼を寄せるコメントを発表。さらに「松雪さんは同世代の女性からの支持も受けている。20代、30代の女性ファンを獲得してくれるのではという期待もあった」と、観客動員を見込んだプロデューサー的な視点からもキャスティングを決めたようだ。

一方の松雪は、角川監督の手腕について、「最初にまず、この映画で描こうとしているイメージや全体の空気感やトーン、キャラクターのイメージをかなり明確に役者に対してディレクションしてくださったので、私たちはそれに向かってスタートできた」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi