「三本木農業高校、馬術部」長渕文音、馬術に打ち込んだ“青春”振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月3日 > 「三本木農業高校、馬術部」長渕文音、馬術に打ち込んだ“青春”振り返る
メニュー

「三本木農業高校、馬術部」長渕文音、馬術に打ち込んだ“青春”振り返る

2008年10月3日 12:00

乗馬シーンはスタントなし「半落ち」

乗馬シーンはスタントなし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「半落ち」「夕凪の街 桜の国」の佐々部清監督最新作「三本木農業高校、馬術部/盲目の馬と少女の実話」(10月4日公開)。心を閉ざした盲目の馬を献身的に世話する主人公・香苗役を演じた長渕文音に話を聞いた。

青森県十和田市にある県立農業高校を舞台に、盲目の馬コスモと馬術部員たちの心の交流が綴られる本作。映画初出演にして主演を務めた長渕は、監督から「芝居はするな」と言われていたそうで「青森の土地に慣れたり、馬と仲良くなっていくうちに、徐々に感情が入れやすくなっていきました」。そして役作りをする上での“ターニングポイント”が、コスモの出産シーンだった。「本当は泣くシーンじゃなかったんです。でもひたすら感動して涙があふれてきて。セリフも全部吹っ飛んじゃいましたけど、芝居ではなく、自分の感情で泣いたことで『監督が言っていたのはこういうことなんだ』と役作りのスイッチが入りました」

「高校時代は部活に入っていなかったので、香苗のような学生生活はすごくうらやましい」と語る長渕だが、クランクイン8カ月前から馬術に打ち込み、高校生顔負けの“青春時代”を過ごした。「最初から乗馬シーンはスタントなしと決まっていたんです。落馬も結構したし、筋肉痛もひどかったけど、絶対に障害を跳ぶという目標に向かってみんなで頑張りました。私、負けず嫌いなんですよ(笑)」。そうして厳しい練習を乗り越えた彼女は、この映画を通して多くのことを学んだという。「1つのことを続けるのって大事だし、意味のないことなんてない。だからこれからも乗馬は続けていきます!」と話し、「この映画は馬と人間の物語ですが、人と人との間にも言える話。自分の大切な人が傷ついてる時、それに気づいてあげようとする気持ちが、今の時代には必要なんだと思います」

次々に話したいことがあふれてくるといった印象の長渕は、映画初出演&初主演ということもあり、こうした映画PR用のキャンペーン活動ももちろん初体験。「自分の言葉で表現することの大切さも学びました」と本人は笑うが、新人女優とは思えない堂々とした受け答えからは、今後に期待させられる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi