青春群像ミュージカル「フェーム」のリメイク作が今秋撮影! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月20日 > 青春群像ミュージカル「フェーム」のリメイク作が今秋撮影!
メニュー

青春群像ミュージカル「フェーム」のリメイク作が今秋撮影!

2008年8月20日 12:00

[映画.com ニュース] ニューヨークの芸術学校に通うスターの卵たちの青春群像を描き、80年に大ヒットしたミュージカル映画「フェーム」(アラン・パーカー監督)のリメイク企画が始動したようだ。

MGMと共同で製作するレイクショア・エンターテインメントの社長兼プロデューサー、ゲイリー・ルチェッシ(「ミリオンダラー・ベイビー」「エミリー・ローズ」)が、米映画サイトCollider.comに明かした。そのリメイク作は米MTVのTVシリーズ「Dance Life」で高い評価を受けた新鋭のケビン・タンチャローエン監督のもと、09年9月に全米公開を目指して、今秋11月よりニューヨークとロサンゼルスで撮影に入るという。

同作の予算は2500万~3000万ドル(最大約33億円)。アリソン・バーネット(「ブラックサイト」)が執筆した物語は、オリジナル版と同じで、ニューヨークの芸術学校に通う若者たちの青春群像を描く。もちろん、まったく無名なキャストが配役される予定だ。

気になる歌曲について、ルチェッシは「使おうとしている主題歌『フェーム』以外は、新しい歌が使われることになる」とも語っている。

オリジナル版では、アイリーン・キャラが歌った主題歌「フェーム」が爆発的に大ヒットし、アカデミー歌曲賞を受賞。また、映画版の登場人物のままでTVシリーズ「フェーム/青春の旅立ち」(82~87)が制作されたほか、マイアミ、ウエストエンド、ブロードウェイで舞台化されてロングランヒット。さらに、「セイブ・ザ・ラストダンス」(01)や「ステップアップ」(06)といった青春ダンス映画を誕生させるきっかけになった。今回のリメイク版で、“本家”の底力を見せつけてほしいものだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi