「黒いジャガー」「サウスパーク」の黒人歌手アイザック・ヘイズが死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月12日 > 「黒いジャガー」「サウスパーク」の黒人歌手アイザック・ヘイズが死去
メニュー

「黒いジャガー」「サウスパーク」の黒人歌手アイザック・ヘイズが死去

2008年8月12日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] ソウルシンガーとしてだけでなく、声優や俳優としても活躍した黒人ソウルマン、アイザック・ヘイズが死去した。65歳だった。

8月10日、メンフィスの自宅にて死亡しているのが発見されたヘイズだが、正式な死因は発表されていない。ヘイズは62年にシンガーとしてデビュー。デビッド・ポーターと組んでサム&デイブの名曲の数々を作曲し、R&Bの名門レーベル、スタックスを長年支えたソングライター兼プロデューサーの1人。

ブラックパワー・ムービーの重要作とされる「黒いジャガー」(71)のテーマ曲(「シャフトのテーマ」)で、黒人作曲家として初めてアカデミー歌曲賞を受賞している。また「ハッスル&フロウ」や「レインディア・ゲーム」などの映画に俳優として出演。アニメ「サウスパーク」ではシェフの声を担当していたが、06年、サイエントロジー信者である彼は、アニメの内容がサイエントロジーを風刺したことに抗議し降板していた。

俳優としての遺作は、サミュエル・L・ジャクソンバーニー・マック共演の「ソウルマン(Soul Man)」(11月全米公開)。折しも前日の9日にはバーニー・マックが亡くなっており、主役3人の内の2人を2日連続で失うという不幸が重なった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi