ジョニー・デップ、ティム・バートン版「不思議の国のアリス」に出演? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月29日 > ジョニー・デップ、ティム・バートン版「不思議の国のアリス」に出演?
メニュー

ジョニー・デップ、ティム・バートン版「不思議の国のアリス」に出演?

2008年7月29日 12:00

ウィリー・ウォンカで 十分イカれてます「アリス」

ウィリー・ウォンカで
十分イカれてます
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップが、親友でもあるティム・バートン監督により3D映画化される、ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」に出演するようだ。英タブロイド紙サンが報じたもので、気になる役柄は、プライベートでも帽子好きなデップにふさわしい、三月ウサギの庭園でのお茶会に登場する山高帽姿の“イカれ帽子屋(The Mad Hatter)”であるらしい。

同紙によると、「ティム・バートンは(映画作家として)有名になる前から、『不思議の国のアリス』を映画化したがっていた。彼は、子供向けだと思われる物語でも、大人が夢中になってしまうような魅力あるストーリーに仕立てる才覚を持っている。バートンは予算の関係でこれまで『アリス』製作を辛抱してきたが、今ではディズニーから、製作するのに全く問題ない潤沢な資金が与えられた」とのこと。

同作では、主人公アリス役として、すでに無名のオーストラリア人女優のミア・ワシコウスカ(18)が配役されている。一説に主役として出演すると1本2000万ドル(21.5億円)とも言われるデップの高額なギャラでも、出演場面が比較的少ない“帽子屋”なら、何ら問題ないらしい。

2010年公開を目指し、来年早々にも撮影開始となる同作が、デップにとって7本目あるいは8本目のバートン監督作品(デップ主演の吸血鬼映画「ダーク・シャドウズ」が10年公開)になるのか? ディズニーからの正式発表を待ちたいところだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi