ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」を3D映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月19日 > ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」を3D映画化!
メニュー

ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」を3D映画化!

2007年11月19日 12:00

ファンタジーは得意分野「不思議の国のアリス」

ファンタジーは得意分野
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督が、ルイス・キャロルによる1865年の児童文学の名作「不思議の国のアリス」を、ディズニーで3D映画化することが決定した。

バートン監督は「ベオウルフ」同様のモーションキャプチャー・アニメーションと実写アクションを併用させて、白ウサギに誘われてウサギの穴に落ち、人間の言葉を話すチェシャ猫や帽子屋やトランプの札ハートの女王様らのいるファンタジーの世界に迷い込む少女アリスの物語を描くという。脚本はディズニー・アニメのメガヒット作「美女と野獣」や「ライオン・キング」を手がけたリンダ・ウールバートンが担当。ロアルド・ダールの名作児童文学を独特のイマジネーションで映画化した「チャーリーとチョコレート工場」のバートン監督だけに、どんな“ 不思議の国”を見せてくれるのか期待大だ。撮影は08年初頭に開始され、来夏に見込まれる米映画俳優組合(SAG)のストライキの影響を受けない5月までに撮影を完了させる予定だという。

また、ティム・バートン監督は、84年の自身の短編映画「フランケンウィニー」を、ディズニーの長編の3D映画として自らリメイクすることに正式決定。同作は、バートンのお気に入りの31年のジェームズ・ホエール監督、ボリス・カーロフ主演の「フランケンシュタイン」へのオマージュ作品で、交通事故で愛犬フランキーを亡くしたフランケンシュタイン少年が、愛犬を科学技術で甦らせるというもの。こちらは、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」同様のストップモーション・アニメーションになるとのこと。

バートン監督の最新作は、スティーブン・ソンドハイムの名作ミュージカルを映画化した、ジョニー・デップヘレナ・ボナム・カーター主演の「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」で、12月21日全米公開、08年1月19日日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi