ティム・バートン監督が「フランケンウィニー」を自らリメイク? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月2日 > ティム・バートン監督が「フランケンウィニー」を自らリメイク?
メニュー

ティム・バートン監督が「フランケンウィニー」を自らリメイク?

2007年10月2日 12:00

セルフリメイクは長年の夢!「フランケンウィニー」

セルフリメイクは長年の夢!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督が、初期の短編映画「フランケンウィニー」をストップモーションの長編作品として自らの手でリメイクすることが明らかになった。

米映画サイトAin'tItCoolNewsが伝えたもので、ディズニー・ピクチャーズ社長のディック・クックが米ノースカロライナ芸術大学での講演の質疑応答で、「クリエイティブの天才が、ここ10年間ずっと長編ストップモーション映画を構想してきた」と漏らした。早速同サイトでは、それがバートン監督による「フランケンウィニー」の長編映画プロジェクトであることを発表した。

84年のオリジナル版は、DVD「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション」(11月14日発売)の特典映像として収録されている。1931年のユニバーサル映画「フランケンシュタイン」にオマージュを捧げた27分の実写映画で、交通事故で死んだ愛犬スパーキー(ブルテリア)を、ビクター・フランケンシュタイン少年が落雷を利用して甦らせるが、その犬は首にボルトを巻いたフランケンウィニーとなって近隣の街を大混乱に陥れるという痛快ホラー映画。シェリー・デュバルダニエル・スターン、少女時代のソフィア・コッポラなどが出演していた。

バートンにとって、監督すれば「ティム・バートンのコープスブライド」(05)以来、製作すれば「ジャイアント・ピーチ」(96)以来のストップモーション・アニメーション作品となる。

なお、バートン監督の新作ミュージカル「スウィーニー・トッド」は12月21日全米公開、08年1月26日日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi