千原ジュニア、「BUG」試写会で「ホラー映画はコント」説を力説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月1日 > 千原ジュニア、「BUG」試写会で「ホラー映画はコント」説を力説
メニュー

千原ジュニア、「BUG」試写会で「ホラー映画はコント」説を力説

2008年7月1日 12:00

ジャックナイフも怖い映画は苦手「エクソシスト」

ジャックナイフも怖い映画は苦手
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エクソシスト」「フレンチ・コネクション」で知られるウィリアム・フリードキン監督の最新作「BUG/バグ」(7月5日日本公開)の試写会が6月30日、東京・月島のブロードメディア・スタジオ試写室で行われ、お笑い芸人の千原ジュニアがトークショーを行った。

映画は、あるモーテルの一室で過ごす男女が、部屋の中に小さな“虫(バグ)”がうごめいていることに気付いたことから、次第に精神を蝕んでいく様子を描いたサスペンスホラー。ジュニア曰く「主役2人が一番バグってる」という本作は、もともとはブロードウェイで上演された舞台劇が原作のため、舞台の一幕物のようにほぼモーテルの一室のみで物語が進行。舞台変換のない実験的内容のため、すでに評論家筋から賛否両論が起こっているという。

そんな本作についてジュニアは、のっけから「正直に言えば僕は“否”のほうです。映画でやるようなことかなとも思うので……」とぶっちゃけて語ったが、「いかにも映画らしいことを映画にするのは当たり前だし、ほとんどワンシチュエーションで進むところは冒険していていいと思う。僕も芸人として冒険していきたい」とフォローも忘れなかった。

また本来は「怖い映画が苦手」というジュニアは、「先輩芸人から恐怖と笑いは紙一重だとよく教えられた」と語り、「ホラー映画ってほとんどコント。TVから女が出てくるなんて(『リング』のこと)コントですよ。この映画でも何カ所か笑いそうになりました。詳しく言えないですが、ピザ配達のシーンは面白いです」とホラー論を展開。「今日のイベントも、僕は顔は怖いけどそこそこ笑えるから呼ばれたんじゃないですか(笑)」と言って爆笑を誘った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi