橋口亮輔監督、6年ぶりの新作「ぐるりのこと。」初日に感無量! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月9日 > 橋口亮輔監督、6年ぶりの新作「ぐるりのこと。」初日に感無量!
メニュー

橋口亮輔監督、6年ぶりの新作「ぐるりのこと。」初日に感無量!

2008年6月9日 12:00

♪繋がっているからね♪「ぐるりのこと。」

♪繋がっているからね♪
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハッシュ!」(02)で世界的評価を受けた橋口亮輔監督の6年ぶりの新作「ぐるりのこと。」が、6月7日に初日を迎え、東京・銀座のシネスイッチ銀座にて、橋口監督ほか、主演の木村多江リリー・フランキー寺島進安藤玉恵が舞台挨拶を行った。

本作は、身籠もった子を失った悲しみからうつ病になる完璧主義者の妻・翔子(木村多江)と、そんな彼女を全身で受け止めようとする法廷画家の夫・カナオ(リリー・フランキー)の10年間にわたる夫婦の絆を、夫が見たバブル崩壊期から21世紀にかけての社会的事件を織り込みながら描いた感動作。

前作「ハッシュ!」を発表した後にうつ病になった自らの経験から、「人と人との繋がりの中にこそ希望がある」との結論に至ったという感無量の様子の橋口監督は、開口一番「ここに来るまではすごく長い道のりだった。皆さんの笑顔を見て、すごく感動した」と挨拶した。

また、「人と繋がることっていいなと思えるようになった」(木村)、「幸せなものをたくさんくれた映画です」(リリー)と出演者たちから温かい言葉を受けた橋口監督が、「全身全霊を懸けて演じてくれた木村さん、挫けそうになるのを励ましてくれたリリーさん、本当にありがとう」と、涙をこらえながら感謝の言葉を述べると、会場から惜しみない拍手が贈られた。「ぐるりのこと。」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi