谷村美月の胸元に市原隼人もドキドキと告白!「神様のパズル」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月9日 > 谷村美月の胸元に市原隼人もドキドキと告白!「神様のパズル」初日
メニュー

谷村美月の胸元に市原隼人もドキドキと告白!「神様のパズル」初日

2008年6月9日 12:00

この日の谷村の胸元はおとなしめ「神様のパズル」

この日の谷村の胸元はおとなしめ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大学の物理学ゼミにもぐり込んだ落ちこぼれロッカーと、孤独な天才少女が宇宙創生の謎に挑む青春SFコメディ「神様のパズル」が、6月7日に初日を迎え、東京・銀座の丸の内TOEI1にて、キャスト&スタッフによる舞台挨拶が行われた。

“ビッグ・バン”さながらに巨大なバルーンが弾け、その中からギターを抱えた市原隼人とバズーカを構えた谷村美月が登場。会場が黄色い歓声に満たされるなか、共演の石田ゆり子松本莉緒田中孝太朗、黄川田将也、主題歌を担当したASUKA、三池崇史監督、原作者の機本伸司、そしてエグゼクティブプロデューサーの角川春樹が次々に舞台に上がった。

劇中でギタープレイと歌を披露し、この日もギター姿がさまになっていた市原は「実は(ギターを)弾けないんです(笑)」と衝撃の告白。また、劇中で胸元が大きく開いていて、ナマ足も露わになるセクシーなジャージ姿を披露する谷村が衣装について、「撮影中は気にならなかったけど、(作品を見て)自分でもビックリしました(笑)」と語ると、市原は「ヤバかったっす!」と答え、何度も会場の笑いを誘った。

一方、原作者の機本は「試写の帰り道に(しみじみと)涙が出た」ということだったが、三池監督は「監督のオファーを受けた際に、『つまらないものになったら殺すぞ』と言われて、泣きながら帰った(笑)」と角川プロデューサーに脅された(?)過去を暴露したが、当の角川プロデューサーは「体育会系の単純な細胞の方と体質的に合いやすい。良い感じで映画を作ることができた」と三池監督に賛辞を贈った。

最後には、市原の抱えたギターが来場者に抽選でプレゼントされた。「神様のパズル」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi