「狼男」リメイク作、撮影直前にマーク・ロマネク監督が降板! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月31日 > 「狼男」リメイク作、撮影直前にマーク・ロマネク監督が降板!
メニュー

「狼男」リメイク作、撮影直前にマーク・ロマネク監督が降板!

2008年1月31日 12:00

[映画.com ニュース] ベニチオ・デル・トロ主演による「狼男(The Wolf Man)」(41)のリメイク企画のメガホンを取る予定だったマーク・ロマネク監督が、「クリエイティブ面での相違」を理由に降板したことが明らかになった。

同作は、アンソニー・ホプキンスや「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントの共演が先日発表されたばかり。当初、2月18日にクランクイン予定だったが、ユニバーサル映画は早急に後任の監督探しに入ることになった。また、09年2月13日が全米公開予定日だったが、延期されるかどうかもまだスタジオ側からは発表されていない。

なお、これはユニバーサル映画にとって昨年11月の米脚本家組合(WGA)ストライキ突入以来、2度目の降板劇。ケビン・マクドナルド監督のミステリー映画「ステート・オブ・プレイ(State of Play)」で、ブラッド・ピットエドワード・ノートンが降板、ラッセル・クロウベン・アフレックが代役になった前例がある。

この降板劇について、同作の関係者は、LAウィークリー紙のコラムDeadline Hollywoodのコラムニスト、ニッキ・フィンケに対し、「彼(ロマネク監督)は、千載一遇の機会を逃してしまった」と語った。フィンケによると、同作の製作費は1億ドル(約106億円)だそうだ。ところがロマネク監督は「ストーカー」(02)のような低予算映画ばかりで、超大作を手がけた実績がない。「彼は純粋主義者で、芸術家で、素晴らしい映画職人だが、そんな大きな予算の映画のスケジュールを調整できなかったんだろうね」(同関係者)。どうやら“ビビリ”が降板の理由らしい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi