東京湾にネッシー出現!?「ウォーター・ホース」来日イベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月23日 > 東京湾にネッシー出現!?「ウォーター・ホース」来日イベント
メニュー

東京湾にネッシー出現!?「ウォーター・ホース」来日イベント

2008年1月23日 12:00

大槻教授は信じられないでしょうけど「ウォーター・ホース」

大槻教授は信じられないでしょうけど
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ベイブ」の原作者として知られるイギリスの人気作家ディック・キング=スミスの小説を、「ロード・オブ・ザ・リング」のスタッフが映画化したファンタジー映画「ウォーター・ホース」の来日会見が1月22日に東京・台場の潮風公園にて行われ、主人公を演じるアレックス・エテルと監督のジェイ・ラッセルが挨拶した。

第2次世界大戦中のスコットランド。出征したまま音信不通の父の帰りを待つ孤独な少年アンガス(アレックス・エテル)は、ネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。それは、湖の伝説の生き物“ウォーター・ホース”だった。彼は、卵からかえった生き物にクルーソーと名付けて大切に育てるが、またたく間に成長してしまって、やむなく湖に放す決心をする……。

撮影は約2年前に行われたということで、アレックスはアンガス少年と比べるとかなり身長が伸びて大人っぽくなったようだが、映画のモチーフとなったネッシーの存在について「ネッシー(の存在)は信じてるよ。でもビッグフット(雪男)はいないと思うけど」と少年らしいコメントで周囲を微笑ませた。また、ラッセル監督も「初めてロケハンでネス湖に行った時、観光客がこぞって湖に何かいないか必死で探している様子を笑っていたが、いつの間にか僕たちも湖を見入って(ネッシーを)探していたよ(笑)」と、スコットランドに古くから伝わる伝説の不思議な魅力を語った。

会見後、「僕の友達を連れてきたよ」と語ったアレックスが、お台場の海に向かって「クルーソー!」と相棒の名を呼びかけると、吹き上げられた水に映像を映し出される特殊効果技術(ウォータースクリーン)によって、海面に全長15メートルのウォーター・ホースが現れた。夜の東京湾で銀色に輝くクルーソーは、アンガス少年との再会を喜ぶように首をうならせていた。

ウォーター・ホース」は2月1日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi