「ボーン・アルティメイタム」シリーズ第4弾製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月12日 > 「ボーン・アルティメイタム」シリーズ第4弾製作へ
メニュー

「ボーン・アルティメイタム」シリーズ第4弾製作へ

2007年12月12日 12:00

ドル箱シリーズは簡単に終わらせない「ボーン・アルティメイタム」

ドル箱シリーズは簡単に終わらせない
(C)2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “ジェイソン・ボーン”シリーズのプロデューサー、フランク・マーシャルが第4弾への意欲を明らかにした。

マット・デイモン扮する記憶喪失のスパイの活躍を描く同シリーズは、公開中の第3作「ボーン・アルティメイタム」で、ロバート・ラドラムの原作のすべてを映画化したことになる。しかし、第1作「ボーン・アイデンティティー」で1億2166万ドル、第2作「ボーン・スプレマシー」で1億7624万ドル、第3作「ボーン・アルティメイタム」で2億2747万ドルと、続編が作られるたびに前作の全米ボックスオフィス成績を上回るという非常に珍しい大ヒットシリーズだけに、プロデューサーとしてもこのまま終わらせるつもりはないようだ。

マーシャルは、ComingSoon.netの独占インタビューに対し「ぜひともシリーズは続けていきたい。ただ、納得のいくストーリーができなければ、やるつもりはない。取り急ぎストーリー案を練っているところで、マットも“素晴らしい脚本さえ渡してくれれば、オーケーだ”と言ってくれているよ」と語った。ただし、米脚本家組合(WGA)のストライキの影響で、ストーリーの企画開発作業は今のところ中断しているという。

なお、現在マーシャルは、スティーブン・スピルバーグ監督の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、マーク・ウォーターズ監督のファンタジー映画「スパイダーウィックの謎」、デビッド・フィンチャー監督の「The Curious Case of Benjamin Button」(ブラッド・ピットケイト・ブランシェット主演)という3本のプロデュース作品に関わっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi