ニコール・キッドマン「『ライラ』は反カトリックじゃない」と語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月3日 > ニコール・キッドマン「『ライラ』は反カトリックじゃない」と語る
メニュー

ニコール・キッドマン「『ライラ』は反カトリックじゃない」と語る

2007年12月3日 12:00

宗教はとかく難しい!「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

宗教はとかく難しい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(12月7日全米公開、08年3月1日日本公開)の原作であるフィリップ・プルマンのファンタジー小説の物語の中に、カトリック教会を連想させる教会が“否定的”に登場することから、米キリスト教団体のカトリック連盟が、原作に手を伸ばすきっかけになりえる映画のボイコットを訴えていたが、このほどニコール・キッドマンが反論した。

映画化作品の中で、教会に協力するコールター夫人を演じたキッドマンは、ロンドンで行われた記者会見で、同作はカトリック教会を批判するものではないと発言。「私はカトリックの家の出身。もしカトリックを批判するような映画に出たら祖母が悲しむから、そういう映画には出演しないわ。この映画にもそんな要素があるとは全然思わない」と語った。

同じ会見で、監督クリス・ワイツも「原作を書いたフィリップ・プルマンは無神論者だけど、この原作にはカトリック教会や宗教を攻撃しているような要素は全くないよ」と発言している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi