「ライラの冒険」が米キリスト教団体からボイコット! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月7日 > 「ライラの冒険」が米キリスト教団体からボイコット!
メニュー

「ライラの冒険」が米キリスト教団体からボイコット!

2007年11月7日 12:00

「ダ・ヴィンチ~」よりヒットする?「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

「ダ・ヴィンチ~」よりヒットする?
TM & (C) MMVII NEW LINE PRODUCTIONS, INC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米キリスト教団体のカトリック連盟が、ニコール・キッドマンダニエル・クレイグ主演のファミリー向けファンタジー映画「ライラの冒険/黄金の羅針盤」のボイコットを訴えている。

同作は、フィリップ・プルマンのファンタジー小説「ライラの冒険」シリーズ3部作の第1作を映画化したものだが、原作は(キリスト教の)神を冒涜する作品として、カトリック教会や信者から強く批判されていることで知られている。カトリック教会を彷彿とさせる教会組織が否定的に描かれていたり、神や天国への反乱が重要なテーマとなっていることがその原因で、カトリック連盟は、原作小説を独自に分析した「The Golden Compass: Agenda Unmasked」(「黄金の羅針盤/暴かれた陰謀」)というブックレットを作成し、信者に同作のボイコットを訴えている。他のキリスト教団体も、カトリック連盟に追従する動きを見せており、06年の「ダ・ヴィンチ・コード」全米公開時のような大規模なボイコット運動に発展しそうな勢いだ。

クリス・ワイツ監督によると、映画版「ライラの冒険/黄金の羅針盤」ではキリスト教信者を刺激する要素は省かれているというが、カトリック連盟によると、映画を見た子供たちが触発されて原作に手を出すことを警戒しているという。ワイツ監督は「より多くの観客が詰めかけてくれるのでは」と、同連盟のボイコットも一向に気にしていない様子だ。

ライラの冒険/黄金の羅針盤」は12月7日全米公開、日本では08年3月1日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi