銀座の夜に殺人鬼ショーン・ビーンの眼が光る!「ヒッチャー」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月22日 > 銀座の夜に殺人鬼ショーン・ビーンの眼が光る!「ヒッチャー」公開
メニュー

銀座の夜に殺人鬼ショーン・ビーンの眼が光る!「ヒッチャー」公開

2007年11月22日 12:00

銀座の待ち合わせ場所にいかが?「ヒッチャー」

銀座の待ち合わせ場所にいかが?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 土砂降りの雨が降る夜、荒野のハイウェイで見知らぬヒッチハイカーを乗せたばかりに恐怖のどん底に突き落とされる若い男女の姿を描く、ロバート・ハーモン監督のサスペンス・ロードムービー「ヒッチャー」(85)。現在公開中の「ブレードランナー ファイナル・カット」で強靱なレプリカントを演じている、ルトガー・ハウアーの不気味な殺人鬼ぶりが公開当時話題を呼んだオリジナル版を、「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ監督がプロデュースしたリメイク版(デイブ・マイヤーズ監督)が11月24日に公開される。

同作では、07年度ティーン・チョイスアワードでブレイク(新人)女優賞に選ばれたソフィア・ブッシュが、新鮮なお色気を発散するヒロインに扮しているが、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のボロミア役として有名なショーン・ビーンが前任者ハウアーに負けず劣らず不気味なヒッチハイカーの殺人鬼ジョン・ライダーに扮し、彼女に恐怖体験を味わせる。

なお、同作の公開を記念して、東京・銀座の銀座シネパトスでは、コート姿のショーン・ビーンの巨大な人型立て看板を、晴海通り沿いの同館の上に設置。夜になると、彼の左眼が不気味に光るという趣向で、 「ハイウェイの果てに、地獄を見た─」という宣伝惹句をPRする。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi