「X-ファイル」デビッド・ドゥカブニーの新ドラマにレッチリが抗議! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月22日 > 「X-ファイル」デビッド・ドゥカブニーの新ドラマにレッチリが抗議!
メニュー

「X-ファイル」デビッド・ドゥカブニーの新ドラマにレッチリが抗議!

2007年11月22日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] レッド・ホット・チリペッパーズが、米ショウタイム局を相手に訴訟を起こした。

同局は現在、「X-ファイル」で知られるデビッド・ドゥカブニーが主演とプロデュースを手がける新ドラマを8月より放映中だが、このドラマのタイトルが、レッチリの代表作である「カリフォルニケイション」(99)と同じなのだ。さらにドラマの中には、レッチリのヒット曲「ダニー・カリフォルニア」と同名の人物も登場するという。

“カリフォルニケイション”とは、レッチリの出身地であり資本主義の象徴=ハリウッド映画産業の拠点である“California”と、“姦淫する”という意味を持つ“fornicate”を合わせた造語。フロントマンのアンソニー・キーディスは「『カリフォルニケイション』は俺たちの代表的なアルバムであり、TVドラマが俺たちのアイデンティティを盗むのは間違っている」と声明を発表。バンド側は“カリフォルニケイション”の使用停止と、使用期間中に得た利益の損害賠償を求めている。

一方、ドラマのエグゼクティブプロデューサーであるトム・カピノスは今年7月に行われた制作発表の場で、報道陣に「70年代後半、オレゴン州に“オレゴンをカリフォルニケイションするな”という自動車ステッカーがあって、そのとき初めてこの言葉を知ったんだ。オレゴンから見たらカリフォルニアはすぐそこだし、これは番組のタイトルにぴったりだと思った」と説明していた。

ドラマ「カリフォルニケイション」は、セックスとドラッグ中毒の小説家(ドゥカブニー)が、別れた恋人とのトラブルを抱えながら、娘の養育に奮闘するさまを描いたコメディで、毎週月曜日に放送されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi