オダギリジョーに変な人呼ばわり!笑い爆発の「転々」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月12日 > オダギリジョーに変な人呼ばわり!笑い爆発の「転々」初日
メニュー

オダギリジョーに変な人呼ばわり!笑い爆発の「転々」初日

2007年11月12日 12:00

作風とは違い、三木組現場は“戦場”? (左から)三木聡監督、オダギリジョー、三浦友和、 小泉今日子、吉高由里子「転々」

作風とは違い、三木組現場は“戦場”?
(左から)三木聡監督、オダギリジョー、三浦友和、
小泉今日子、吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TV深夜枠を越えて社会現象を巻き起こした「時効警察」の三木聡監督&オダギリジョー主演コンビが贈る、コミカルでちょっぴり切ない東京お散歩ムービー「転々」が11月10日に初日を迎え、東京・渋谷の渋谷アミューズCQNにて、主演のオダギリジョー、三浦友和小泉今日子吉高由里子三木聡監督が舞台挨拶をした。

本作は、直木賞作家・藤田宣永の同名小説を原作に、借金を抱えた大学生(オダギリ)と借金取り(三浦)の2人がワケあって東京をひたすら散歩するという風変わりなロードムービーで、とんちんかんなキャラクターが次々に小ネタを繰り出す、三木作品ならではの脱力ワールドが展開するコメディだ。

三木組常連とも言えるオダギリは「三木さんの現場は今回で4度目。今までやらせてもらった役とは違う役で、作品(の内容)とは裏腹に(笑)闘ってる感があり、そのギャップが心地いい」と明かすと、三木組は初めての三浦も「現場では非常に緊張感があって良い経験だった」と振り返った。同じく初参加の小泉は「やじきた道中 てれすこ」の初日が重なり、「なぜだか偶然が重なってしまいました」と挨拶。続けて「この映画は全てアドリブなしで、監督が頭の中で作って書いた台本通りにみんなが演じています。それが良い緊張感を生んで、微妙な世界観を作れたんだと思います(笑)」と三木ワールドの楽しさを分析してみせた。その挨拶では、オダギリの奇抜なファッションをチラッと見た三浦は「どんな変わった格好をしても隣のオダギリくんにはかなわないので、スーツといえば青山、オーソドックスにやって来ました」と言って会場を沸かせる一幕もあった。

後半の質疑応答は、登壇者が互いに質問をし合うという形式。「今まで街で見かけた最も変な人は?」という監督の質問に、三浦が「ウーン……撮影で見かけた“変な人”は、際立ってオダギリジョー」と答えると、オダギリが「その答えは僕なんですか!?」と聞き返し、会場の笑いを誘った。最後に三木監督が、「これだけの俳優とスタッフが集まって、これだけくだらないことをやる機会はあまりない。自由な見方ができる、束縛しない映画になっているので、そこを楽しんでいただければ」と作品の魅力をアピールした。「転々」はアミューズCQN、テアトル新宿ほか公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi