グリーン・デイのビリーが、トラブル続きのブリトニー・スピアーズを擁護 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月8日 > グリーン・デイのビリーが、トラブル続きのブリトニー・スピアーズを擁護
メニュー

グリーン・デイのビリーが、トラブル続きのブリトニー・スピアーズを擁護

2007年11月8日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 米人気バンド、グリーン・デイのボーカル、ビリー・ジョー・アームストロングが、トラブルの絶えないブリトニー・スピアーズを擁護した。

音楽誌ローリングストーンの取材に対し、ビリーは現在のポップカルチャーの残虐性を語り、ブリトニーはその典型的な犠牲者だと発言。方々で酷評されたMTVアワードでのブリトニーのパフォーマンスについて、次のように語った。「みんな、血に飢えてるんだろ。ライオンの群れに誰かが放り込まれるのを見たがってるんだ。ブリトニーにまつわるメディアの報道を見るのは、公開処刑を見ているようなもんさ。大体、MTVや彼女の周りにいる関係者が、彼女がおかしくなっていることに気づかないわけないんだ。みんな前もってアクシデントを予期していながら、望んでいた以上のものを手に入れたんだよ」

また、ビリーは、11歳でディズニー・チャンネルの「ミッキー・マウス・クラブ」に登場し、スターダムを駆け上がったブリトニーを、「人工的に作りあげられた子供だ。バカげたスターを夢見て生きてきたんだ。そういったプロセスを見ることを、人々はエンターテインメントだと思ってるのさ」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi